2017年10月12日木曜日

第43回関東女子学生剣道優勝大会



 こんにちは!今回の記事は法学部一年白井が担当させていただきます。


 先日9月16日(土)、東京武道館において第42回関東女子学生剣道優勝大会が開催されました。 この大会は全日本女子学生剣道優勝大会への出場校を決める重要な大会です。各校が今までの稽古の成果を十分に発揮し、関東一、ひいては日本一を目指し戦うため、とても白熱した試合が繰り広げられます。


 早大は一回戦で高崎経済大学と対戦しました。先鋒の小西は、果敢に攻め面を先取するとその後も手を緩めず、もう一本面を決めて二本勝ちし、勢いに乗ります。次鋒の沖田は冷静に試合を運び、引き分けで次に繋ぎます。中堅の杉村は安定した試合を展開し、面を二本奪い早稲田大学の勝利に王手をかけると、副将河村が関東女王の貫禄を見せつけ、面を先取した後引き面で早稲田大学の勝利を決めます。最後は大将川崎が終始相手を圧倒する試合運びを見せ、面二本を取り、一回戦を突破しました。


 続く二回戦では駒澤大学と対戦しました。強敵との対戦に選手も応援も気合が入ります。先鋒の品川は惜しい試合を展開するものの引き分け、次鋒の太田は積極的に一本を狙うものの一本を取られてしまいます。不利な展開になった早稲田大学は後に続く杉村、河村、川崎が積極的に一本を取りに行きますが一本が取れず、惜しくも二回戦敗退が決定しました。


 今年のチームは優勝が十分に狙え、去年の雪辱を晴らすべく望んだ二回戦、駒澤大学に惜敗する結果となりました。全日本への切符を逃した悔しさはとても大きいですが、これまでの厳しい稽古や合宿を乗り越えてきたことを思い出し、今回の結果で学んだことをバネにして早慶戦、男子の全日本に向け一丸となって練習し、リベンジしていきたいと思います。みなさん、これからも応援お願いします。